就業規則・社内規程

就業規則 作成 改定職場の憲法と言われる程重視される就業規則ですが、何年も見直しをしていない、見本を丸写ししただけ、あるいは就業規則自体が存在していないという企業様が非常に多く、いざ労使問題が発生してから後悔し重要性を認識し慌てて社会保険労務士や弁護士に助けを求めるケースを多数見ています。
一方で、就業規則を自社の規模、業種、実態に即した内容に改定したところ、職場の雰囲気が改善し定着率も上がり業績も向上した、という企業様もいらっしゃいます。
時代の変化に合わせて就業規則も育てていかなければなりません。
給与規程や育児介護休業規程などの附属規定も合わせ、貴社に適したルールを整えます。

ご依頼について

ご依頼の流れ

初回打ち合わせ

まずは弊所にお越しいただき、貴社の状況・課題、ご予算、希望スケジュール等をお伺いします。
貴社への出張も可能です(旅費交通費及び出張費・日当等をご負担いただきます)。

お見積もり

改定すべき量やこれから定めるべき規程の数などを見積もり、ご予算に合わせ料金をご提示いたします。

着手料のご入金

見積り合計額の半額を、着手料としてご入金いただきます。
着手料のご入金後にご依頼をキャンセルされましても、着手料はご返金できませんので、予めご了承ください。

業務着手~完成

新規作成又は改定作業に着手いたします。
弊所にて規程案を作成し、メール又は郵送、持参のいずれかでご確認いただく手配をいたします。
内容をご確認いただき→(お客様)修正指示→(弊所)修正→(お客様)ご確認・指示→(弊所)修正・・・を繰り返し、完成させます。

納品

完成後、紙印刷とメディアデータの両方で、納品いたします。

残金ご入金

納品時に残金の請求書を添付いたしますので、ご入金いただき、業務完了となります。

特典

就業規則 作成 改定就業規則の作成又は改定業務をご依頼いただいたお客様には、納品時、金箔押しの映えるレザー調高級ファイルを進呈いたします。
※ご依頼金額が10万円以上(税別)のお客様が対象です。

就業規則 作成 改定 就業規則 作成 改定

完了までの期間

弊所の業務混雑状況と、お客様にもご確認いただく作業がございますので貴社の繁忙状況により異なります。
最短で1か月程度、改定量や規程数が多くなると3か月程度、弊所又は貴社の繁忙状況により半年程度までかかる可能性もございます。
お早めにご依頼ください。

料金

本則 新規作成 200,000円~(税別)
本則 全面改定 150,000円~(+消費税)
本則 一部改定 50,000円~(+消費税)
附属規程 新規作成 100,000円~(+消費税)
附属規程 全面改定 70,000円~(+消費税)
附属規程 一部改定 50,000円~(+消費税)

※別途、消費税・旅費交通費・日当等をご負担いただきます。